title_biography.jpg
_DSC1237-003.jpg Photo: 新津保建秀  


青木涼子(あおきりょうこ) 能×現代音楽アーティスト

東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻卒業(観世流シテ方専攻)。同大学院音楽研究科修士課程修了。ロンドン大学博士課程修了。博士号(Ph.D)取得。湯浅譲二、一柳慧、ペーテル・エトヴェシュ、細川俊夫など、世界の主要な作曲家と共同で、能と現代音楽の新たな試みを行っている。2010年より世界の作曲家に委嘱するシリーズNoh×Contemporary Musicを主催しており、2014年にはデビューアルバム「能×現代音楽」 (ALCD-98)をリリースした。日本だけでなくドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、アメリカの音楽祭に招待されパフォーマンスを行っている。世界的なオペラ・ハウスへの出演も果たしており、2013年マドリッド、テアトロ・レアル王立劇場にジェラール・モルティエのキャスティングのもと、ヴォルフガング・リーム作曲オペラ《メキシコの征服》(ピエール・オーディ演出)のマリンチェ役でデビュー、各紙で絶賛された。平成27年度文化庁文化交流使に指名され、ヨーロッパで活動を行った。あいちトリエンナーレ2016で、オレリアン・デュモン作曲オペラ《秘密の閨》に主演した。



-long version-
東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻卒業(観世流シテ方専攻)。同大学院音楽研究科修士課程修了。ロンドン大学東洋アフリカ学院博士課程修了。「女性と能」についての論文で博士号(Ph.D)取得。平成26 年度文化庁新進芸術家海外研修制度にてイギリス,ドイツで研修を行う。跡見学園女子大学非常勤講師。 
これまでに、湯浅譲二、一柳慧、ペーテル・エトヴェシュ、細川俊夫など世界の主要な作曲家と共同で、能と現代音楽の新たな試みを行っている。2010年より世界の作曲家に委嘱するシリーズNoh×Contemporary Musicを主催しており、2014年6月にはデビューアルバム「能×現代音楽」 (ALCD-98)をリリースした。
2007年湯浅譲二を監修に迎え、コンサート"音楽×音曲"を開催。神奈川県芸術文化財団主催アートコンプレックス2008(一柳慧プロデュース)に出演。2010年ニューヨークのクセナキス・フェスティバルに招待され、ニューヨークタイムズ紙上でも好評を得る。2011年ドイツ、ミュンヘンにてミュンヘン室内管弦楽団と共演、地元紙でも絶賛される。2011年ベルリンのAsia-Pacific Weeksフェスティバルに招待されリサイタルを行い、その後、振付家サッシャ・ヴァルツのカンパニーに能ワークショップも行った。2012年には地元大分にて、アルディッティ弦楽四重奏団と共演を果たした。他にもドイツのZKM、ベルリンのAsia-Pacific Weeksフェスティバル、ベルリン高等研究所、ボン大学、ベルリン自由大学、フランスのパリ国立高等音楽学院、イタリアのヴィラ・メディチ、ローマ日本文化会館、アメリカのカリフォルニア州立大学、京都国際舞台芸術祭、武生国際音楽祭に招待され、パフォーマンスを行っている。またその活動は、国内外のテレビ、ラジオ、雑誌、新聞の各種メディアに多数取り上げられている。 
ペーテル・エトヴェシュの初期の作品《Harakiri》は彼女にとって重要なレパートリーであり、2011年ローマにてイタリアの現代音楽アンサンブル、アルターエゴと共に上演。2014年5月には東京オペラシティの同時代音楽企画〈コンポージアム〉の関連企画で《Harakiri》の日本初演を行い、デビューアルバムにも収録されている。他にもエトヴェシュ氏の招待によりハンガリーのバルトーク・フェスティバル、CAFe BUDAPESTで演奏し、スペインのマドリッドとビルバオのBBVA財団でもスペインのアンサンブルPlural Ensembleと共に演奏した。  
また世界的なオペラ・ハウスへの出演も果たしており、2013年マドリッド、テアトロ・レアル王立劇場にジェラール・モルティエのキャスティングのもと、ヴォルフガング・リーム作曲オペラ《メキシコの征服》(ピエール・オーディ演出)のマリンチェ役でデビュー、各紙で絶賛された。
平成27年度文化庁文化交流使に指名され、ヨーロッパで活動を行った。あいちトリエンナーレ2016で、オレリアン・デュモン作曲オペラ《秘密の閨》に主演した。



Management
OKAMURA&COMPANY INC
岡村雅子


Media   
週刊オンステージ新聞「2016年音楽ベスト5」白石美雪 2017/1/6掲載 
SPUR 2017年2月号掲載 
VOGUE Japan 2016/11/15 アシックスタイガー 
週刊オンステージ新聞「秘密の閨」白石美雪 2016/11/11掲載  
Numero Tokyo 2016/10/20掲載
共同通信 2016/10/17掲載  
FEC(民間外交推進協会)ニュース 2016年10月号 
CINRA.NET 2016/9/29掲載
FIGARO JAPON 2016年10月号 2016/8/26掲載 
Mikiki 2016/8/26掲載
FIGARO JAPON 2016年9月号 クロムハーツ 
VOGUE Japan 2016/6/29掲載 
Un Fauteuil Pour l'Orchestre(フランス)2016/5/2掲載 
Fomalhaut(フランス)2016/4/25掲載 
Anaclase(フランス)2016/4/23掲載 
La danse.com(フランス)2016/4掲載 
Paris Art(フランス)2016/4掲載 
福岡市文化芸術振興財団機関誌『wa』69号 
企業メセナ協議会「メセナライターレポート」2016年3月掲載 
早川書房Cakes「規格ハズレの履歴書たち」後編 2016/3/1掲載 
早川書房Cakes「規格ハズレの履歴書たち」中編 2016/2/23掲載 
早川書房Cakes「規格ハズレの履歴書たち」前編 2016/2/16掲載 
メルキュール・デザール 2016/1/10掲載 
日経ビジネス「次代を創る100人」2015/12/28・2016/1/4号掲載 
日経新聞 日経ウーマノミクス広告モデル 2015/12/24掲載 
Fashion Snap 2015/12/20掲載
西日本新聞 2015/12/7掲載  
サカエ経済新聞 2015/12/3掲載
産経エクスプレス 2015/11/11掲載 
Koelner Stadt-Anzeiger(ドイツ)2015/10/29掲載 
日経新聞夕刊「創クリエーター 謡の異質さ 新境地開く」2015/10/21掲載 
モーストリークラシック 2015年12月号掲載 
ぶあらぼ Pick up interview 2015年11月号掲載 
タワーレコードintoxicate 表紙、巻頭インタビュー 2015/10/10号掲載 
クーリエ・ジャポン 特集「海外で勝つ」2015年11月号掲載 
SPUR「女性の力が、世界を変える」2015年11月号掲載 
日経エンタテイメント2015年8月号  
日経ウーマノミクス広告モデル 2015/6/3掲載 
VOGUE Japan 2015/5/25掲載 
Fashion Headline 2015/5/24掲載 
西日本新聞 2015/5/21掲載
Fashion Snap 2015/5/17掲載
Time Out Tokyo 2015/5/12掲載 
大分合同新聞 2015/4/17掲載 
Time Out Tokyo ウェブマガジン 2015/4/15掲載 
日経新聞「OLの恋物語を謡う 能×現代音楽の新たな試み」2015/2/1掲載  
シグマ広報誌「SEIN」vol.3 2014/11 掲載 
EL MUNDO(スペイン)2014/10/8掲載 
かもめブックス インタビューNo.3 2014/10/17掲載
かもめブックス インタビューNo.2 2014/10/3掲載 
かもめブックス インタビューNo.1 2014/9/19掲載 
望星 インタビュー 2014年8月号掲載 
音楽現代 CD評コンサート評 2014年8月号掲載 
朝日新聞夕刊 ペーテル・エトヴェシュ、インタビュー 2014/6/30掲載 
赤旗 2014/6/29掲載 
CDジャーナル CD評 中野和雄 2014年7月号掲載 
モーストリー・クラシック CD評 長木誠司 2014年8月号掲載 
ストレンジ・デイズ コンサート評CD評 小沼純一 2014年8月号掲載 
レコード芸術 CD評 長木誠司 佐野光司(準特選盤)2014年7月号掲載 
ぶらあぼ CD評 寺西肇 2014年7月号掲載 
読売新聞夕刊 CD評 2014/6/19掲載
朝日新聞夕刊 CD評 片山杜秀 2014/6/16掲載 
TOWER RECORDS ONLINE インタビュー:小沼純一 2014/6/6掲載 
週刊オンステージ新聞「ペーテル・エトヴェシュの室内楽」コンサート評 2014/6/6掲載 
朝日新聞夕刊「ペーテル・エトヴェシュの室内楽 融合する謡と現代音楽」コンサート評 伊東信宏 2014/6/2掲載  
クラシックニュース 2014/5/7掲載
タワーレコードintoxicate インタビュー:小沼純一 2014/4/20号掲載 
週刊オンステージ新聞「2014新春インタビュー」白石美雪 2014/1/3掲載 
音楽の友「白金日記」岡部真一郎 2014年1月号掲載 
AERA「2020年の主役50人」2013/11/11号掲載
ニューヨークタイムズ 2010/2/28掲載
EMO 2007年春号
建築雑誌(日本建築学会)2007年12月発行
日本照明家協会雑誌 2006年12月号 
AERA English 2006年3月発行 
読売新聞国際版 2005年4月掲載 


Radio
-Research

Publications 

2013/3 
跡見学園女子大学文学部紀要 第48号 pp.59-74. 
「東京音楽学校と女流能楽師誕生の歩み ―池内信嘉と観世左近の尽力―」 

2003/3 
楽劇学 第10号 pp.1-18. 
「女が能を演じるということ ー谷村甲子と山階明子の場合」 
 
2000/2 
情報処理学会研究報告 「音楽情報科学」 34, 99-MUS-34, pp.79-82 (Feb. 2000) 
「正弦波モデルによる能楽の解析と制作」 伊東 乾 ※1 , 榊原 健一 ※2 , 青木 涼子 ※3 , 小坂 直敏 ※2
※1 慶應義塾大学
※2 NTTコミュニケーション科学基礎研究所
※3 東京芸術大学


Presentations / Demonstrations 

2014/2/23   
Noh×Contemporary Music 
Daniel Recital Hall 、カリフォルニア州立大学、ロングビーチ、アメリカ 

2014/1/25 
文化庁 世界メディア芸術コンベンション2014 
TIME WALKER 対談:港千尋 × 吉増剛造 × 青木涼子 
東京国際フォーラム  

2013/12/12  
武蔵野大学 能楽資料センター主催公開講座 
講義「能と現代音楽」

2012/11/1 
レクチャー「能について」
ドイツ、ハノーファー音楽大学 (Hochschule for music and theatre Hannover)

2012/7/22 
第20回楽劇学会大会  国立能楽堂 大講義室 
「能における抽象的な演技様式の成立について」青木涼子

2012/5/15 
"Women and Japanese Noh Theatre" 
International Research Center "Interweaving Cultures in Performance"
ベルリン自由大学
 
2012/03/17 
Panel: "Women in Noh"  
"The Construction of Japanese Noh Theatre as a Masculine Art : an Analysis of its Traditional and Modern Discourses" 

2011/08/27 
第13回ヨーロッパ日本研究協会(European Association for Japanese Studies) 、タリン大学、エストニア 
"The Construction of Japanese Noh Theatre as an Abstract Art : an Analysis of its Traditional and Modern Discourses" 

2011/02/21 
能との出会い(ヴィラ・メディチ、ローマ、イタリア) 
プレゼンテーション「能について」 
能古典よりデモンストレーション 

2011/02/17 
ボン大学「guilt」カンファレンス(ボン大学、ドイツ) 
プレゼンテーション「能における罪について」 
能古典よりデモンストレーション 
細川俊夫作曲 アルトフルートと声のための「2つの日本民謡」(初演) 

2009/02/25 
細川俊夫コンサート(ベルリン高等研究所、ベルリン) 
能古典よりデモンストレーション 
細川俊夫作曲 声とハープのための「2つの日本民謡」

2006/11/27  
能楽学会 例会 コロキウム、東京大学駒場キャンパス 
「今、女流能を考える」 

2006/08/05  
ORCNANA & APPAN国際会議、日本大学芸術学部中講堂 
デモンストレーション:能「巻絹」より神楽 

2002/04/20 
楽劇学会 第36回例会、法政大学能楽研究所
「女が能を演じるということ―過去から未来へ」 


Scholarship
The British Council Japan Association
公益財団法人ロームミュージックファンデーション
公益財団法人野村財団